ガジェットギャラリー
フォト

Twitter

無料ブログはココログ

2019年3月15日 (金)

<大抽選会のお知らせと マヨリカ飾り皿>

アンティークトキ 心斎橋店です。



3月22日(金)・23日(土)・24日(日)

大抽選会が催されます!
お買い上げレシート合算1万円ごとに抽選いただけます。

  ※3月1日~24日までのレシートが対象です。



楽しみにお待ち下さるお客様もいらっしゃる、人気の催しです。

ぜひ、お立ち寄りくださいませ!




さて今日は、フレンチマヨリカの飾り皿をご紹介します。

マヨリカ(マジョリカ)陶器とは…

素焼きをした上に、錫を配合した釉薬をかけ、焼く前に顔料で描かれた陶器。

一度本焼きをした上から描かれたものとは違って、釉薬と顔料がしっくりとなじんで、

しっかりとした色合いながら素朴さも持ち合わせています。

13世紀頃にスペインからの陶器がイベリア半島東部のマヨリカ(マジョリカ)島を経由して

運ばれたため、この名がついたという一説があります。

やがてマヨリカ焼きはイタリア各地でつくられ、それがヨーロッパ諸国にも広がりました。






◆飾り皿 (品番 R108-93) 

フランス   推定)1910年代    
     
サイズ   横26㎝   縦19㎝  高さ2.㎝ 

店頭表示価格  ¥17,500(税抜)

 

Cimg1828_2        
    
フランスに渡り、アールヌーヴォー期のフレンチマヨリカ。

 
Cimg1845  



             

Cimg1843_2

少しぼってりとあたたかみのある陶器の魅力。


Cimg1833_3


おおらかで素朴な味わいがあります。

お買い得価格にてご提供です。
Cimg1835_2    

◎全国発送いたします。

◎ご納品前にメンテナンスを行いお届けいたします。

◎質感・コンディションは画像では十分にお伝えしきれないところがございます。ぜひ店頭でご覧ください。

◎こちらの商品はアンティークトキ 心斎橋店(06-6282-0012)にございます(記事掲載時点)。詳細・価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。

◎年代については、サプライヤーと弊社バイヤーの長年の経験で鑑定の上推定しております。

◎アンティークは基本として1点ものです。お問い合わせ、ご来店いただいた時点で
既に商品が店頭から移動、または売約となっている場合もございますのでどうぞご了承くださいませ。

 

«<スティックバックチェア>